読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

LDHにTHE ALUCARD SHOWを推す

巷で話題のHigh&Low。斯く言う私もハイローからLDH教に入教したので全く人のこと言えないのですが、最近はハイローパロってことでジャニーズにハイローやらせたら~だの、アニメ化したらCVはだれそれ~だの流行ってますよね(流行ってますよね?)わかったわかった。ハイローはもうわかったので今ここでLDHにやらせたいものといえばまさに

 


THE ALUCARD SHOW!!!!!!!!!

 

 

ざっとあらすじを。(アスマートからコピぺ)

国民的人気アーティストのマリアは自分の人気を維持するため、マネージャーのウォルターに新しいアイディアを求めていた。
ウォルターは、次のコンサートツアーのバックダンサーオーディションを開催、そこで6人の男性ダンサーと衝撃的な出会いを果たす。彼らを用いて新たな演出を試み、その試みは大成功する。
コンサートで、マリアが衣裳チェンジのため舞台袖にさがっている間も、6人のパフォーマンスによりステージはいっそう盛り上がりをみせる。
そこに突然現れた巨大な蝙蝠のシルエット。その中から現れたのは謎の青年ブラドだった。
マリアのコンサートにも関わらず、6人のダンスとブラドの歌声により、客席は大歓声の渦となり、マリアは主役の座を奪われてしまう。
ブラドを含めた7人は「アルカード」と名乗り、そのセンセーショナルな登場とパフォーマンスで瞬く間に人気を博した。
また、一切の宣伝活動を行わなかったため、彼らの情報に渇望した人々は更に熱狂していくのだった。
しかし、「アルカード」の周りでは次々と不穏な出来事が起こっていた―ファンの女性が次々と行方をくらます、メンバーがいつも口にしている謎の液体・・・。
アルカードの正体は・・・ヴァンパイア。彼らの目的は何なのか。
熱狂的なファンとなり、職を転々としながらストーカーのように彼らを追う主婦のサラ、マネージャーのウォルター、スターの座を追われたマリアも「アルカード」によって人生を翻弄されていく―。

 

 

たぶんハイロー民には堪らない設定じゃないかと。

 

セカンドお兄さんたちのライブがセックスだって話はよく耳にしていて先日ようやくWWWを見に行ったのですが、なんせ舞台ってそういうシーン結構あるんですよね。目が慣れちゃってるのか、お兄さんたちのライブにそういう厭らしさが全く感じれなくて、まさにこのアルカードショーのときの女性ダンサーとの絡みの方が断然エロかったと豪語できる!やってほしい!

 

 

THE ALUCARD SHOW を推したいポイント①
ダンサー6人のセリフがなく、全てダンスで表現している。

実際に演じている俳優さんたちもすごいダンス技術の持ち主なのですが、LDHパフォーマーってダンスが本業なわけじゃないですか。歌もセリフもない、ただダンスだけで会話を、思いを表現するってライブでは見られない彼らのパフォーマンス能力が見られるのではないかと。

 


THE ALUCARD SHOWを推したいポイント②
絶対的エースでリーダーのボーカルに全ての矢印が向いている

ダンサー6人は沢山の女の子たちに囲まれて好き放題遊んでるけど結局全員の目線はいつだってボーカルに向いていて、でもそのボーカルは彼らの目線に気付きつつも孤独を感じてる。ダンサー6人は女の子たちの血を飲んで生きてるけど結局ボーカルは誰の血で生きてるのかわからないまま話は終わるんです。

たぶんセカンドのファンの方にはすごい嫌がられそうなのはわかってるんだけどLDHを好きになってまずアルカードパロを考えたのは、ボーカル敬浩くんで、ダンサー6人はセカンド。敬浩くんって絶対的に愛されてるのにいつでも孤独を感じてそうじゃないですか。まさにこの主人公と重なって見えてしまって。

 

 

THE ALUCARD SHOWを推したいポイント③
彼らの正体はヴァンパイア🦇!

1人ずつ女の子たちとの吸血シーンがあるんですけど、まあなんというか。俳優さんそれぞれ「あぁ〜こうやって女の子とセックスしてるんだな〜!!!」って、みんな違ってみんな良い!みたいな。興奮する。

 

白濱くんは首筋を舌で舐めながらカプって噛み付くだろうし、
佐野くんはいきなり前振りもなく大きな口でガブっと噛み付くだろうし、
小森くんは女の子の目を見つめて微笑みながらカブリって噛み付くだろうし、
片寄くんは額、目頭、頬、口元ってキスしながら最後に耳元をカプリって噛み付くだろうし

 

 

 

うん(死亡)

 

 


いつもユニットシャッフル、ユニットシャッフル騒いでる私ですが、これは各グループのアルカードが見たい。LDHの各グループのボーカルたちっていかんせん共依存のイメージが強いのでブラドは2人ってことになってしまうのだけれど、それぞれのグループのボーカルとパフォーマーの関係性が作品に反映されそうで面白い。

 

ダンサー6人にもちゃんと個性があって、
いつもハットを被ってて手足の長い女性的なイメージのカーミラ
普段はかなり猫背な姿勢でシニカルな表情の多いオルロック、
アクロバティックでちょっと乱暴なジルド、
愛嬌のあるポップなダンスをするサンジェルミ
あと2人いるけど長くなるので割愛。

 

ここまできて推しにはこの役でこのダンスを踊らせたい!って思いませんか?

 

 

 

しかもこのダンサーたち、マネージャーに無理やり血を飲ませるシーンがあるんです。しかも中年の。おっさんの。やばい。

人間からしたら血は不味いっていう設定なんですね。だからワイングラスに入ってる血をマネージャーは吐いてしまうんですけど、無理やり口元にグラスを持って行って、飲ませた後に口角から垂れる血を指ですくって舐める岩田くんとか見たくありませんか?見たいです。ボトルごと口に突っ込ませて飲ませる山下さん見たくないですか?見たいです。

 


今年からネルケLDHに関わってるらしいじゃないですか。お願いします!ネルケ様!LDHを!使ってください!(ただし2.5次元を除く)
アルカードって2013年の作品なんですけどなんで1人もLDH使わなかったんだろうと今更不思議に思います。

 

 

力尽きたので続きは友人が熱く語ってくれることを祈って終わりにします。


DVDあるから貸すよ!(宣伝)

舞台俳優おたくがLDH沼を駆け抜ける

LDHに同じ時期にはまった友人がブログを書いていたので便乗してみよー!ってことで書いてみました。去年の9月にHigh&Lowを布教されるまでかの有名な岩田剛典すら顔も名前も知らなかった私がとりあえずLDHを一通り鑑賞した記念の感想です。

もともと父親はアイドルおたくでデビュー当時からE-girlsには目をつけており、最推し峯岸さんのおかげで私の推しくん白濱亜嵐を私より先に知っており、かわいい子大好きなミーハー母親はディアシスターのときにすでに岩田くんにはハマっていたらしいです。家族で推しは共有しようねって約束だったじゃん、、、なんで私だけこんなに無知なの、、、

私に関しては小学生のときからジャニオタ、中学生あたりにテニミュからの若手俳優沼に全身を浸し、音楽といえば女性男性問わずアイドルとアニメ関係しか聞かない生活をつい最近まで送っていました。あ、ちなみにEXILEは第2章までならなんとなくわかるってかんじでした(もう何年前ですか?)


LDH強化期間(?)と題して入った現場
12/7,8 GENERATIONS SS代々木
12/22 PKCZ asobonenkai
12/24,25 GENERATIONS SS新潟
12/26 Next stage
1/7 DEP ふるさと祭り
2/1,2 EXILE THE SECOND WWW横浜
2/11 三代目JSB MP名古屋
2/12 STREET KINGS

もっと入ってるかと思ったらそうでもなくてちょっと悲しくなりました。ざっとこんなかんじ。


私は結局GENERATIONS最高!!!っていう言葉で全てが片付けられてしまうのですが、なぜGENERATIONSだったのかというと、俳優おたくをやっていたときにシュガーレスというドラマを見ており比較的顔の見たことある子たちが多いグループだったからです。ここで興味本位でSPEED STERなんてアルバムを買わなければ今の私は確実にいないです。

まずビックリだったのが、ヒゲ・筋肉・色黒のイメージでしかなかったLDHの事務所の子たちなのにアイドルすぎやしません!?というところです。なんてったってPVが爽やか。曲も爽やか。リアル王子様がいる。すごい。もうここでアイドルオタクの血が湧く湧く泉のように湧く~ってかんじで1週間でCD・DVD・書籍類全部集めました。挙げ句の果てには7年間持っていなかったWALKMANを買いました(まさにおたくが経済回してる証拠だよね)


はじめは特に推しなんていなくてグループが好きでこの7人だったらなんでもできる!この7人だったら何をやっても楽しい!っていう雰囲気がすごく好きで、GENETALKを遡って聴きながらゲラゲラ笑う日々でした。なんで白濱くん推しになってしまったのか、、、それはまあ興味があったら聞いてください(笑)

 

さて本題のライブの感想。やっぱり友人も書いていましたがどこのグループのライブが楽しいかってそれはもちろんセカンドです!!

いくら推しがいなくったってあのパフォーマンスを見せられたら誰だって1番楽しいと思います。長年積み重ねてきた場数と大人の余裕とそれから曲も恵まれてますよね。ライブにはもってこいのセットリストです。あとはステージ構成も好きな理由です。やっぱりどこから見ても楽しいステージって大切だと思います。ジャニオタの価値観かもしれませんが、バックについてる子たちがデビュー直前の子たちっていうのもいいところなのかもしれません。

豪華なセットではないし火とか水とか照明とかそこまでお金はかかってないけど自分たちのパフォーマンスでファンを楽しませようって気持ちがすごい伝わってくる。本当にね、推しがいないのに開演前にあんなにドキドキするライブって中々ないんです!まさに爽涼鼓舞ってかんじ!(すいませんディズニーもかじってて、、、)


対してつい先日参戦した三代目のMP。もともと例の友人とは違い最初から三代目には全く興味が持てなくてLDHの優先度からしたら最底辺にいる彼らなのでかなりな偏見が入っちゃうからフォロワーさんに怒られそうだけど、まあ確かにつまんなくはないけど面白くもないってかんじ。
「稼ぎ頭はこんなにお金使ってもらえるのか~!」っていう感想で終わり。結局アイドルを追っかけないでLDHを追う理由ってアイドルにはないクオリティーの高い歌とダンスだと思うんですよね。私は君たちの踊る姿を見たいのに何曲お手振りに使う気?トロッコの時間多すぎない?

確かに認知厨やらファンサ厨やらには大変美味しい現場だとは思うんですけど、私が見たいのはそれじゃないんだよなあって。やってることアイドルと変わらないよなあって。それでアイドルって言われたくないって言われても、、、ってかんじでした。


忙しい方達ですし振り入れする時間もメンバー全員で合わせる時間もないんだろうからもう仕方ないんでしょうけど、もうちょっとメンバー全員でのパフォーマンスが見たかった。

それでも今までのグループの中で1番歌唱力はあると思いました。というか登坂広臣というボーカルの株が私の中で爆上げです。最初から最後まで声は出てるし、高音も綺麗だし、シャウトしても声潰れないし、彼っていろいろ大変みたいですけどそういうことは抜きにしてあの歌声のためだけにMP増やすのはありかなって真面目に考えてます。もうね、人気な理由がわかってしまって逆に悔しい。まあ結局山下健二郎が1番かっこいいんですけど。

 

最後にGENERATIONS。ライブの感想というより彼らのことについてになってしまうけど、正直な話、私は彼らの過去(それこそalways with youあたり)を最初に見て好きになってしまったので、最近爽やかじゃなくて大人路線になってきているところはもやっとしてしまうのですが、でもやっぱり見てて1番応援したいって思えるグループなんですよね。
三代目お兄さんたちみたいな煌びやかでザ!人気者!みたいな迫力もないし、セカンドお兄さんたちのような経験値や余裕もない。若さが売りだったはずだけど、そこはもうらんぺに勝てないわけですし、、、でもこの子たちなら日本のトップになれる、三代目を超えられるって私は信じて疑わないですし、その景色を見て欲しいって心から思うんですよね、なぜか。

ライブでも歌とダンスを自分たちが全力で楽しむ!っていう必死さに惹かれるのかもしれない。ダンスやDJしているときの白濱くんの顔の余裕の無さといったらこっちがハラハラしちゃうし、片寄くんの声の出方の波といったらちゃんとボイトレしてきて!って思うところもありますが、もう本当にファンのことなんて考えなくていいから今は自分たちがやりたいことを全てやって経験値にしてそこから自分たちが1番輝けるパフォーマンスを見つけて欲しい。
もともとLDHの雰囲気からは最初からかけ離れてる子たちなのでいろんなジャンルの楽曲やダンスをやって欲しいし、なんなら数原くんや小森くん、中務くんにはバラエティーにも出て欲しい。あとはネス吉のようにボーカルがガッツリ踊ってくれればいうことなしです。


成長過程を楽しむジャンルってありますよね、じぇねってそれのもっと質の高いやつだと思ってる。成長する姿を見ていたいって思わせるのもすごい魅力のうちの一つだと思います。後輩がデビューしたって君たちはまだまだ若くて未来は長いんだから、将来のことより今やりたいことを思う存分やって楽しんで欲しい。いろんなところからたくさんのものを吸収して変化していく姿を見せてねってもはやどこの親戚のおばさんですかって気持ち。

GENERATIONS 最高です(締め)

 

らんぺとE-girlsはまたライブ行けたら書きたいな。E-girlsは男の子たちとは違ってまた魅力的ですよね。同じグループにあんなに対照的なユニットがあるってすごい。

 

とにもかくにも今私がこんなにも全力でLDH沼を駆け抜けていられるのはHigh&Lowを勧めてくれた友人とそのあと私にLDHおたくの概念を間違った方向に植え付けさせた2年ほど前からエグザイル村の原住民となっていた頭のおかしいおたくの友人(コピぺ)のおかげだと思っているので、2人には大感謝をしつつ、飽きるまでGENERATIONS とLDHの沼に浸かっていられたらなと思っています。